鼻・のど

ここでは、口臭の原因となる鼻の病気(蓄膿症)やのどの症状(膿栓・臭い玉)について解説しています。

鼻・のどに原因がある口臭とは

鼻・のどの病気と口臭の関係について、症状別に解説していきます。

蓄膿症

蓄膿の女性 イラスト蓄膿症は正式には副鼻腔炎と言い、副鼻腔が慢性的に炎症を起こして膿が溜まる症状のことです。

副鼻腔は風邪でも炎症を起こしますが、これは一時的なものなので蓄膿症とは言いません。

蓄膿症が口臭を発する原因として、ドライマウスがあります。鼻がつまる状態が続くことで鼻呼吸がしづらくなり、無意識のうちに口呼吸をしてしまいます。すると、口内が乾燥して細菌の繁殖を高めてしまうのです。

また、蓄膿症の治療薬は唾液の分泌を抑える働きがあるため、これが口呼吸と合わさることでさらに乾燥し、自分でもわかるくらい強い口臭を発することになります。

また、ドライマウスの他には、膿そのものも口臭を悪化させる原因となります。

蓄膿症とはその名の通り膿がたまる病気ですので、強い臭いを出す膿が鼻から口に流れ込み、それが息と一緒になって放出されることになります。

蓄膿症になってしまったらできるだけ口呼吸をしないように心がけ、鼻水を溜めないようにするのがよいのですが、なかなか難しいですよね。

何だか鼻の中が匂う、慢性的に鼻づまりの状態になっているという場合は蓄膿症を疑い、耳鼻咽喉科に行って治療をすることをおすすめします。

膿栓(臭い玉)

膿栓とは、喉の扁桃腺近くにできる白い食べ物のカスのようなものです。

くしゃみなどで取れた膿栓を潰すと強烈な臭いを発するため、別名臭い玉とも呼ばれています。

喉の奥にある口蓋扁桃と呼ばれる部分にはリンパ球が集合していて、効率よくウィルスや細菌などを排除できるように窪みがあります。

この窪みに溜まったウィルスや細菌の死骸・食べカスなどが固まったものが、膿栓というわけです。

膿栓自体は病気ではなく免疫システムの結果できるものなので、身体に悪影響を及ぼすわけではないのですが、口臭を発生させる原因になることは間違いありません。

歯磨きもよくしていて歯周病の可能性も低いのに、なぜか口臭が気になるという場合は、膿栓ができていることが疑われます。

膿栓は喉の奥にあるため確認しづらく、自分で除去しようとすると扁桃を傷つけてしまい、感染症を引き起こす危険性があります。

膿栓による口臭がどうしても気になる場合や、喉に違和感があるという時には、耳鼻咽喉科の治療で取ってもらう方が安全です。

おすすめ口臭対策グッズランキング >>