内臓

ここでは、胃腸などの内臓の不調や病気が原因となっている口臭について解説しています。

胃腸や内臓が悪いと口臭がひどくなる?逆流食道炎とは?

内臓の部位ごとに臭う原因を解説していきます。

胃が悪い イラスト胃が悪いから口臭がある、胃の中の臭いが上がってくるという話をよく耳にします。

しかし構造的なことを考えると、ゲップをする時以外に胃からの臭いが口に上がってくることは通常はありません。胃と口の間には括約筋と呼ばれる筋肉があって、弁の役割をしているからです。

この弁の機能が低下してしまう要因として考えられるのが、逆流性食道炎という病気です。

これは胃液が食道に逆流してしまうもので、胃酸の酸っぱい刺激臭が口臭となってしまうことがあります。

内臓の不調による口臭は、内臓で発生したガスが血液中に取り込まれて肺に到達して呼吸が臭うというケースがほとんどですので、胃から上がってくる臭いが直接口臭に結びつく逆流性食道炎は珍しいケースと言えるでしょう。

胃潰瘍も口臭の原因となるとよく言われますが、これは食べたものが正常に消化されずに発酵した臭いが血液中に取り込まれて発生するもので、胃の中の臭いが直接上がってくるものではありません。

腸は胃のような逆流性食道炎のようなことも起きません。

腸が原因として起こる口臭は既に説明したとおり、腸で発生したガスが血液に取り込まれ、巡り巡って肺から呼気として排出されることによるものです。

腸の中には善玉菌と悪玉菌がありますが、肉や臭いの強い食事ばかりをしていると、善玉菌よりも悪玉菌が優位な状態になってしまいます。

そうなると食べたものが正常に分解されなくなり腐敗してしまうことに加え、悪玉菌がアンモニアなどを含むガスを発生させます。これが口臭の原因となるのです。

特に便秘体質の人は要注意。便秘になりガスが溜まると、口臭となって排出されるからです。

口臭の原因には様々ありますが、おならや便の臭いがする場合は、便秘や腸の状態が悪くなっていることを疑った方がよいかもしれません。

便秘や内臓の病気からくる口臭の改善

内臓から来る口臭はほとんどの場合、胃や腸が原因と言われています。

肝臓や腎臓の病気で口臭を発生することもありますが、この場合は明らかに病気なので、治療に専念することが優先されます。

胃や腸の場合も病気であるとわかっている場合には治療が必要となりますが、食生活の乱れなどで胃腸の働きが少し弱っているという場合には、病院に行くほどではありません。

胃腸の調子が悪くなると口の中が乾燥しやすくなるので、胃や腸そのものから発する臭いだけでなく、ドライマウスによる口腔環境が原因の口臭も起こりやすくなります。

こうした状況の時にはマウスウォッシュなどでこまめにケアし、消臭や殺菌などを行えば十分改善することが可能ですので、ぜひ試してみてください。

おすすめ口臭対策グッズランキング >>