【番外編】子どもの口臭

ここでは、親にとって気になる問題、子供の口臭の原因について解説しています。

子供の口臭の原因として考えられること

子供の口臭は、親にとってはとても気になるようです。何か病気ではないかと心配してしまうことが多いようですが、基本的に原因は大人と同じで、口臭がひどくなる子供特有の病気というのはありません。

食べ物・飲み物

にんにくやネギなどを食べたあとに口臭がするのは、大人も子供も同じです。

これは生理的口臭ですから、一時的なもので放っておいても自然に無くなります。大人のように飲酒をするわけではないので、アルコールが原因となる口臭を考える必要もありません。

口呼吸

子供で意外と多いのが、口呼吸による口臭です。口呼吸は口の中を乾燥させ雑菌が増殖してしまうので、口臭を発することになります。

大人の場合は蓄膿症のような鼻の病気で口呼吸になることが多いのですが、子供の場合はそれ以外に口呼吸が癖になっていることがあります。朝起きた時に口臭がひどい場合は、口呼吸が原因として考えられます。

対策としては、口を閉じる習慣を持つことと食べ物をよく噛むことです。咀嚼は唾液の分泌量を増やすので、口の中の乾燥を防ぎます。

虫歯・歯肉炎

虫歯 女の子 イラスト大人の場合、口臭の原因は歯周病であることが多いですが、子供ではほとんど見られません。子供の口腔内の病気では、まず虫歯を疑ってみましょう。

虫歯になると歯や歯肉が腐敗し、独特の臭いがします。また、食べ物などが詰まる原因にもなるので注意が必要です。歯垢がたまると歯肉炎も起こしやすくなります。

普段から歯磨きを徹底し、虫歯がある場合は歯医者でしっかり治療することが先決です。

胃腸の調子が悪い

子供の口臭で、胃腸の病気が原因というケースはそれほど多くはありません。

病気の場合は、口臭がひどくなる前に重度の自覚症状が出るはずです。

病気とまでは行かないけれども、免疫力が落ちている時は口内に雑菌が繁殖しやすくなったり、下痢や便秘で腸の調子が悪い時は、腸内の悪臭が呼気に混ざって口臭になることがあります。

おすすめ口臭対策グッズランキング >>