口臭予防・対策 HOME » きつい口臭を生み出す原因って? » 口臭は体調の異変を知らせるサイン

口臭は体調の異変を知らせるサイン

歯科医院でも治せない!?おなら臭い口臭とは

数あるコンプレックスの中でも、臭いに関する悩みは深刻な問題です。口臭にも様々な臭いがあり、原因もそれぞれ異なります。その中でもおなら臭い口臭は、今すぐにでも治療したい問題です。しかし、おなら臭い口臭の原因は口腔内ではなく、内臓が関係しており歯科医院では治せないケースがあります。
おなら臭い口臭の原因とは一体何なのでしょうか。対策と併せて紹介します。

おなら臭い口臭の原因とは

臭いを断ち切るためには、原因を正しく理解して適切なケアを施す必要があります。口臭のメカニズムから紐解いて解説します。

なぜ口臭がおなら臭くなる?

おならのような臭いがする原因は、腸内に溜まったガスが原因だと言われています。

人は食べ物を分解すると、残りかすとして便を出すのですが、この分解過程で同時に腸内ガスが発生します。通常、この腸内ガスは大腸を 通って、肛門から外に出ます。外に出てきたものを一般的におならと呼びます。 しかし、外に出ないガスもあります。この残りの腸内ガスはどうなるのでしょうか? このガスはなんと血液内 に入り、肺まで運ばれて呼気として外に出るのです。このようにして、おならは口から出ていきます。

引用元:腸内環境のすべて(http://h-pochi.com/cho/?p=3900)

呼気に含まれるガス濃度には個人差があり、口臭がおなら臭い人は呼気ガス濃度が平均値よりも大幅に上回るとされています。そのため、口からおならの臭いがしてしまうのです。

口臭がおなら臭いとう人は、腸内のバランスが崩れている恐れがあり、口臭以外の体臭からもおなら臭を発してしまうケースがあります。

口臭の原因に迫る

原因その1【食生活】

おなら臭は生活習慣が原因によって起こると考えられています。どれも、私たちの生活に起こりやすいことばかりです。バランスのとれた食生活であれば何ら問題はありませんが、肉やニンニクといった硫黄分が含まれているたんぱく質には注意が必要です。

特に消化に時間がかかる動物性たんぱく質は、消化の過程で様々なガスを生成します。このような食材に偏っている人は、食生活を見直した方が良いでしょう。

原因その2【便秘】

排便が適切に行われないと、腸内に便が溜まってしまいます。溜まった便が悪玉菌によって分解され、腸内腐敗を引き起こすと、悪臭の原因となるガスを発生するのです。

便秘により腸が思うように機能しなくなると、腸内環境はどんどん悪化してしまうので、早急に対策を行なうようにしましょう。

原因その3【ストレス】

腸の状態をコントロールしている副交感神経はストレスに弱く、負荷がかかり過ぎると胃腸の働きを悪くしてしまいます。胃腸の機能性が低下してしまうと、体内にガスや便が溜まってしまい、悪臭の原因となるガスが体内に充満してしまうのです。

外出先などでおならを我慢してしまうと、更にストレスを溜めこむ原因となり悪循環が起こります。そのままで放置してしまうと、様々な疾患を併発してしまう恐れがあるので注意が必要です。

病気による原因も考えられる

上記の3つは、口臭がおなら臭くなる大きな原因だと言われていますが、これらに当てはまらないという人は、病気を患っている可能性もあります。 腸との関係性がある病気は、どれも大病であるため早急に検診を受けるようにしましょう。

大腸がん

大腸がんは男女ともに発症率が高い病気です。日本人は腸の構造上、大腸がんを発症しやすいと言われており、早期発見が難しい病気とされています。 血便や下痢など、便から症状が見られる大腸がんですが、がんによって大腸が壊死するとひどい悪臭を発するようになります。口臭以外だけではなく便にも異常が見られる人は、特に注意が必要です。

慢性胃炎

胃の粘膜が炎症を起こしてしまう慢性胃炎は、胃痛や吐き気といった症状が見られる病気です。胃が機能しなくなると消化不良を引き起こし、胃に残った食べ物を腐敗させてしまいます。この時につくられたガスが腸から吸収されて、肺から排泄されることで口臭の原因となります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は便秘や下痢が慢性化している症状を現します。過敏性腸症候群には「便秘型」「下痢型」「交代型」「ガス型」のタイプに分類され、口臭を引き起こす可能性が高いのがガス型になります。ガス型の過敏性腸症候群は、食生活やストレスが大きな原因だと考えられており、生活習慣を正すことで改善は可能です。

口臭は体調の異変を知らせるサイン

その他にも呼吸器系疾患や、肝機能障害、糖尿病など、様々な病気で口臭の異変は起こります。 口臭を改善することは、体調管理の見直しにもなるのです。

生活習慣を正して口臭を改善する

おなら臭い口臭は、生活習慣を正すことで改善できる可能性があります。まずは自分で行なえる範囲から、口臭対策を施すようにしましょう。

おならのような口臭を改善するには?

対策1【食習慣を見直す】

最初に行なうべき対策法として、食習慣の見直しが挙げられます。今まで肉中心の食生活を送ってきた人は、野菜中心の生活に切り替えることから始めましょう。特に食物繊維は多く含まれている食材は、便の排出を活発にするのに効果的です。腸内環境の改善効果を高めるためには、1日18g以上の食物繊維を摂取すると良いとされています。そのため抹茶や青汁などを摂取し、ムリなく食物繊維を補うようにしましょう。

対策2【腸内の善玉菌を増やす】

こちらも食習慣の見直しと近い要素になりますが、腸内環境を整えるために必要な善玉菌をしっかり増やすようにしましょう。善玉菌を増やすためには、ビフィズス菌の摂取が必要不可欠です。ビフィズス菌はヨーグルトなどの発酵乳製品から摂取することができます。サプリメントなども登場しているので、簡単に摂取ができるでしょう。

対策3【ストレスを溜めこまない】

ストレス解消に関する方法は多岐にわたりますが、最も重要なのが生活リズムを正すことです。特に睡眠はストレスを溜めこまないためにも、大切な行為となります。そのため、最低6時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。また、適度な運動もストレス解消に効果的です。ランニングなどの運動も良いですが、腸の働きを活発にさせるヨガもお勧めです。 ここでは腸の活性化に効果的な「ガス抜きのポーズ」を紹介します。

★簡単にできるガス抜きのポーズ

  • まずは仰向けになって寝っころがりましょう。
  • そして片足(両足でも構いません)を抱え込みように持ちましょう。
  • その状態を保ちながら、腹式呼吸を10回ほど行いましょう。
  • 終わったら、体をお越し、反対の足を持ってもう一度行ってみてください!
  • これを1日左右両方を1セットとして3セット行ってみてください。

引用元:おならを出しやすくポーズ!【おならを出す方法】(http://bennpikaisyouhou.com/category21/entry179.html)

おならを出しやすくポーズ!【おならを出す方法】

引用元:おならを出しやすくポーズ!【おならを出す方法】(http://bennpikaisyouhou.com/category21/entry179.html)

簡単にできるガス抜きのポーズなら、出勤前のちょっとした時間でもできますね。私も明日から少し早起きして、取り入れてみようと思います!

それでも改善されない場合は口臭外来を受診する

これらの対処法を行なっても口臭が治らない場合は、口臭外来の受診をお勧めします。口臭外来は歯科医院や総合病院で開設されており、口臭の原因の特定や、治療を受けることが可能です。口臭外来は保険外診療となるため、費用や治療に関するお問い合わせは各医院で確認するようにしてください。

日常生活を見直すことでおならのような口臭を予防・対策できる

口腔と違い、目視での確認ができない体内からの口臭は、大ごとになる前に対処しておきたいものです。おなら臭い臭いや、体内の不調を克服し、充実した生活を取り戻しましょう。 そのためにも、1つ1つの改善法を、しっかりこなしていくようにしてください。

おすすめ口臭対策グッズランキング >>