飲食物

ここでは、口臭の原因となってしまう食べ物(ニンニク)や飲み物(コーヒー・酒)について解説しています。

口臭の原因になる食べ物・飲み物とは

飲み物や食べ物の種類ごとに解説していきます。

コーヒー

コーヒー イラストコーヒーは口臭を抑えてくれる効果があるとも言われているのですが、飲み過ぎは禁物です。

コーヒー豆の微粒子が舌に付着して、口臭の元となる舌苔の原因になるからです。

また、口内を酸化させるので口臭を作る嫌気性菌が活発になったり、カフェインの利尿作用により口の中が渇くと、細菌が増えて口臭の原因となります。

酒(アルコール)

飲酒をするとアルコールが体内でアセトアルデヒドに分解されて取り込まれ、肺からの口臭が発生します。

アルコール自体の臭いも口の中に残るので、合わさると強い臭いになります。

また、分解されるときに水分を奪うのとアルコールの利尿作用により口の中が乾燥してしまい、細菌の増殖を助長してしまうため、それも口臭の原因になります。

ニンニク・ニラ・ネギ

ニンニク・ニラ・ネギはどれもネギ科に属しており、アリインという成分が含まれます。

アリインはアリナーゼという酵素と結びつくとアリシンに変わります。

さらにアリシンが分解されると、アリルメルカプタンという臭いの原因物質に変化します。

これが、体内に吸収され血液を通じて肺に到達し、口臭として発せられることになります。

納豆

納豆 イラスト臭いの強い食品として代表的なものの一つに納豆があります。

納豆が臭うのは、発酵時に発生するアンモニア有機酸とイソバレシアン酸などの脂肪酸によるものです。

納豆は口の中に入れれば臭いますが、これらのニオイ物質はアリシンのように体内に吸収され分解されることで、臭いを発するものではありません。したがって食べた後に歯磨きなどでしっかりケアをすれば口臭として残ることはありません。

キャベツ・小松菜・ブロッコリー

キャベツ、小松菜、ブロッコリーはあまり臭いを発する食べ物として意識していないかもしれませんが、これらが体内で分解されるとインドールという物質を作ります。

このインドールは、糞尿にも例えられるほどの強烈な臭気を持っていて、口臭の原因となることがあります。

但し、ひどい口臭となるのは大量に摂取した時のみなので、適量を食べる分にはあまり気にしなくても大丈夫です。

食べ物や飲み物を原因とする口臭のほとんどは、一時的なもので何日間も続くものではありません。

したがって日頃から食後のケアを十分することが重要になります。

おすすめ口臭対策グッズランキング >>