口臭予防・対策 HOME » きつい口臭を生み出す原因って?

きつい口臭を生み出す原因って?

ここでは、きつい口臭の主な原因として考えられるものをピックアップして紹介しています。

口腔(歯・舌)

口腔関連で口臭の原因となるのは歯の病気です。虫歯や歯石、歯周病が代表的なもので、細菌が発するガスが口臭となります。また、舌苔と言って舌の表面に食べかすなどが溜まって口臭の発生源となることもあります。

鼻・のど

鼻の病気で口臭につながるのは蓄膿症です。溜まった膿も原因の一つですが、鼻づまりで口呼吸になり口内が乾燥することで細菌が繁殖して口臭になるケースが多いです。また、膿栓(臭い玉)と呼ばれる喉の奥にたまった食べかすや細菌の塊が臭いを発することがあります。

内臓

よく胃腸が弱いと口臭がひどいと言われますが、胃の臭いが上がってくるのは逆流性食道炎くらいです。どちらかというと悪玉菌が増えて腸の状態が悪くなることで発生するガスが血液に取り込まれ、肺から呼気になってきつい口臭になるケースが多くなっています。

飲食物

サラリーマン 画像ニンニク・ニラ・ネギはアリシンが多く含まれ臭い物質に変化します。また、お酒(アルコール)やコーヒーなどの飲み物も口が乾燥するので要注意です。

但し、飲食物による口臭は一時的なものなので食後に十分なケアをすれば軽減され、病気のように治療をする必要はありません

その他、誰でもすぐに頭に思い浮かべるであろうタバコも口臭の原因になりますし、意外なところではダイエットも口臭につながることがあります。

ここで紹介した様々な口臭の原因についてはさらに詳しく個別に解説しています。番外編として親なら気になる子供の口臭についても説明していますので、口臭についてもっと知りたいという方は是非参考にしていただければ幸いです。

おすすめ口臭対策グッズランキング >>