医薬品と医薬部外品

口臭対策には、医薬品からのアプローチと医薬部外品からのアプローチがあります。両者の違いを明確にしましょう。

口臭対策における医薬品と医薬部外品の違い

医薬品と医薬部外品との違いを端的に言えば、効果・効能の期待値の違い。
なんらかの症状に対して、効き目が十分に確認されているものを「医薬品」、効き目がある程度期待されているものを「医薬部外品」と言います。

具体的には、配合成分に明確な効果・効用が認められているもので、医師や薬剤師を通じて入手するものが医薬品です。
一方、医薬品に似たような成分が配合されてはいるものの、誰にでも効果があるとは言えないものが医薬部外品です。

口内環境を改善する医薬品としては、医師から処方される飲み薬などのほかに、薬剤師を通じて市販経由で手に入る飲み薬やうがい薬などがあります。有名な医薬品は「イソジンうがい薬」や「ササヘルス」などです。
一方、口内環境の改善が期待される医薬部外品としては、市販の歯磨き粉、マウスウォッシュ、スプレー、うがい薬、サプリメントなどがあります。

医薬品と医薬部外品、それぞれの口臭改善効果

医薬品は口臭改善の効果が明確です。また、医薬部外品も口臭予防の効果は十分に期待できます。原因や症状によって適切なものを使用すれば、間違いなく口臭予防は可能です。

口臭の原因が胃腸などの内臓系による場合は、医薬品の使用が不可欠。歯周病による場合は、医薬品のほかに歯科治療も必要になることがあります。
これらは日常ケアが原因の口臭というよりも、一種の疾病と認められますので、医療機関を通じて適切な治療、処方を受けなければ、通常は治りません。
体質的な要因をともなう根強い口臭については、漢方薬による長期的な治療も効果的です。

一方、口臭の原因が口の中の細菌である場合、あるいは食べカスなどである場合は、医薬部外品による日常ケアでだいぶ症状が緩和されます。
とくに毎日の歯磨きで歯垢をしっかりと除去すること、またマウスウォッシュで口内の細菌を除去することが効果的です。

医薬品と医薬部外品のデメリット

医薬品のデメリットは、口臭の原因を特定することの難しさにあります。
歯周病の特定は難しくありませんが、ほかにも胃腸が原因のもの、肝臓が原因のもの、循環器系が原因のもの、肺機能が原因のものなど、口臭の原因となりうるものはたくさんあります。医薬品はピンポイントで口臭原因に働きかけるものですので、原因の特定を誤れば口臭は改善されません。

医薬部外品のデメリットは、上記のような医薬品の治療対象の症状には効果がない点、また、予防に重点が置かれている点が挙げられます。つまり、医薬部外品には、口臭「予防」の効果は期待できるものの、口臭「治療」の効果はないということになります。

おすすめ口臭対策グッズランキング >>