飲み物(お茶・紅茶、牛乳など)

古くから口臭予防・対策として有効と言われるお茶、紅茶、牛乳などの飲み物。その根拠や注意点を確認してみましょう。

口臭予防のできる飲み物(お茶・紅茶、牛乳など)

お茶や牛乳は、昔から口臭予防・改善の効果があると言われています。

まず、お茶に含まれるカテキンフラボノイド葉緑素(クロロフィル)など。これらは、以前から口臭予防としての効果があることが判明しています。

牛乳もまた昔から、ニンニク料理などの後の口臭消しとして利用されてきました。口の中の臭いを直接消すだけでなく、胃の中の臭いを消して、間接的にも口臭を改善させると言われています。

飲み物の口臭予防効果について

口臭の予防対策として、お茶や牛乳が効果的に働くメカニズムを紹介します。

お茶・紅茶

お茶には様々な成分が含有されていますが、中でも特にカテキン、フラボノイド、葉緑素(クロロフィル)の三成分は高い口臭予防・改善効果を持っています。

さらにこれらの中で、最も高い口臭改善効果が期待されるのはカテキンです。

カテキンには殺菌作用があるため、口臭の要因の一つである口内の細菌を減少させる働きがあります。そのため、強力な口臭対策成分と言われているのです。

また、フラボノイドや葉緑素(クロロフィル)には、唾液の分泌を促進させる働きがあります。

口臭の原因の一つは、口内の唾液量の減少。

唾液が減ると、細菌が急激に繁殖するからです。そのため唾液の分泌を促すこれらの成分は、口臭予防に間接的に役立っているわけです。

なお、紅茶にもカテキンやフラボノイドが含まれていますので、同様の効果が期待できるでしょう。

牛乳

牛乳は、細菌を原因とした口臭よりも、食べ物を原因とした口臭に高い効果を発揮します。

食べ物に含まれる臭い成分を、牛乳のタンパク質が包み込んでしまうために口臭が軽減されるようです。

食事の後は、食べ物の臭いが口の中にも胃の中にも残っています。食後に牛乳を飲むことは、口臭対策として一定の効果が期待できるでしょう。

飲み物のデメリット

お茶や紅茶に多く含まれるカフェインには、高い利尿作用があります。

カフェインの利尿効果によって過剰に体内の水分を排出してしまうため、場合によっては唾液の減少から口臭の原因を作ってしまうこともあります。飲み過ぎには注意が必要です。

また牛乳は、それ自体が口臭の原因になることもあります。牛乳には硫黄化合物や窒素化合物が若干含まれているのですが、これらは臭いを伴います。

牛乳だけに頼らず、牛乳の臭いを抑えられる口内ケアを併せて行なうほうが良いでしょう。

おすすめ口臭対策グッズランキング >>